自閉症スペクトラム障害の息子との日々を記録したブログです。
就学活動、療育、病院受診、放課後デイサービス探しなどの情報発信をしています!

自閉症スペクトラムの息子に毎日イライラ。怒りのコンロトールを学ぶために、アンガーマネジメント講座を受けました。

f:id:hugchildren:20190702171132j:plain

こんにちは。
ブログにお越しいただきありがとうございます!

今回はある2つの出来事をきっかけに受けた
”アンガーマネジメント講座”の紹介をしたいと思います。

 

自閉症スペクトラムの息子にイライラして行動した結果、ケガをした


アンガーマネジメント講座を
受けるきっかけになった出来事が2つあります。

 

一つ目が
「子どもにイライラしたまま料理をしたら
自分の指を包丁で切ってしまった」こと。


うちの息子はお腹が空くことに対して
ものすごくイライラします。
とても偏食で、保育園の給食は残すことが多く、
おやつも基本的に食べないです。
自分の好きな給食やおやつが出なかったときは
夕方お腹がペコペコで家に帰ってくることがあります。

 

できるだけ、息子が家に着いてすぐに
ごはんが食べられるように準備はしていますが、
空腹がピークの状態だとほんの数分も待てないことがあります。
わたしがキッチンでごはんの準備をしていると
「おなかすいた!」
「早くごはん食べたい!」
とひどいときは10秒おきくらいに言ってきます。

 

わたしもイライラしてしまって、
「うるさい!静かにして!」
など言いながら包丁を使っていたら、
自分の指を切るケガをしてしまいました。


もう一つが
「朝の支度の遅さにイライラしていたら
息子にケガをさせてしまった」こと。

 

息子は気持ちの切り替えが苦手で
更に寝起きがとても悪いので、
朝の支度はものすごく時間がかかります。

 

その日も相変わらずのんびりと支度をしていて、
約束の出発時間を10分ほど過ぎていました。
玄関を出る時点でわたしはすでにイライラ。
自転車に乗る前に息子がダンゴムシを探し始めます。


そこでイライラがピークに達し、
「いい加減にして!!」
と言って息子の腕を引っ張り移動させ、
自転車のところまで連れていきました。
そして無理やり自転車に乗せようとしたところ
バランスを崩して息子は転び、
ひじに大きな擦り傷を作ってしまいました。

 

今回は病院に行くほどのケガにはならなかったものの、
このまま感情的に行動していたら
もっと大きなケガや事故に繋がるのでは…
と不安になってしまいました。

 

そこでいろいろネット検索した結果、
アンガーマネジメント協会の存在を知り
講座を受けることにしました。

 

アンガーマネジメントとは

 

今回は”日本アンガーマネジメント協会”の
「アンガーマネジメント入門講座」を受けました。
アンガーマネジメントの基礎知識と
怒りに対する対処法などを学びました。


日本アンガーマネジメント協会では
アンガー=怒り
マネジメント=後悔しないこと
と定義し、
「怒る必要のあることは上手に怒り
怒る必要のないことは怒らないようになること」
を目標としています。


また、怒りとは人間にとって自然な感情の1つであり
身を守るための感情(防衛感情)なので、
怒らない人はいないし
なくすことは不可能という考えだそうです。

 

最近イライラして怒ってばかりのわたしにとって
【怒ることは自然な感情】というフレーズには
とても救われました。
ただ、その怒りを感情に任せて
外に出してはいけないのですね。

 

自分の怒っているときに客観的に見られるようにする

 

講座の中で、最近怒りを感じたことを挙げ
それを点数化するというワークがありました。
わたしは冒頭の
「朝の時間の子どもの支度の遅さにイライラしたこと」
を例に出しました。


点数は1~10までの10段階。
0は全く怒っていない状態で、
10は人生最大の怒り。
(講師は手が付けられないくらい興奮して
目の前にいる相手を攻撃してしまうような状態と例えていました。)


子どもにイライラしているときは
たいていMAXの怒り状態だと感じていますが、
人生最大の怒りと言われてしまうと
そこまでは怒ったことはありません。
冷静に振り返ってみると
せいぜい3~4くらいのレベルだったかな。
そう考えてみると
あんなに怒っていた自分が恥ずかしくなってきました。

 

他にもいろいろと怒りへの対処法を学びましたが、
わたしがまず目標とするところは
「自分自身が何に怒っているかを客観的に見られるようにする」
ことかなと感じました。
イライラしてしまっているときは、
何が原因なのかを冷静に考えることで
自分自身を客観的に見られるようになっていきたいです。

 

まだ講座を受けて数週間しかたっていませんが、
イライラを感じたら感情に任せて怒鳴ったり、
態度に出したりすることが減ってきました。
その影響か分かりませんが息子に
「お父さんとお母さん、最近全然ケンカしてないね。」
なんて息子に言われました。笑


自分の感情と上手に付き合えるようになることで
周りにもプラスに作用していくといいなと思っています。


最後までお読みいただきありがとうございました!