自閉症スペクトラム障害の息子との日々を記録したブログです。
就学活動、療育、病院受診、放課後デイサービス探しなどの情報発信をしています!

自閉症スペクトラム(ASD)息子の診断と受容について

f:id:hugchildren:20191008121930j:plain

こんにちは。
ブログにお越しいただきありがとうございます!

 

息子さんがASDの診断を受けた方から
気持ちの整理がつかない時はありましたか?
その時にはどう気持ちを切り替えましたか?
とのご質問をいただきました。

 

今回はわたしが息子の特性とどう向き合い、
それをどう受容しているかを記事にまとめたいと思います。


障害の受容について

まず質問の答えですが、結論から言ってしまうと、
正直今でも気持ちの整理がつかず、
気持ちの切り替えができないことがあります。

 

息子の強いこだわりなどの特性を目の当たりにすると
イライラして怒ってしまったり、
療育中、活動に参加せずに一人で部屋の中を歩き回っていると
なんでうちの子はできないんだろうと落ち込んでしまうことがあります。
そう簡単に受け入れられないのが普通だと思います。

 

それでも少しずつですが、
「これは息子の特性だから仕方がない」
「こんな時にはどう対応すればいいのかな」
と考えられるようになってきました。

 

診断を受けてすぐに気持ちを切り替えられる人なんて
ほとんどいないんじゃないでしょうか。
子どもの成長を長い目で見守りつつ、
親としても少しずつ成長していけたらいいかなと思っています。


息子がASDの診断を受けるまで

 

うちの子は2歳児クラス(息子が3歳)の時、
担任の先生に発達の不安について指摘されました。
面談でしっかりと話がある前からも、
決まった蛇口しか使わない、
手が汚れるのを極端に嫌がり
粘土やアメーバで遊ぶのを嫌がる、
ということを時々聞かされていました。

 

家でもこだわりの強さや気持ちの切り替えに時間がかかることで
「育てにくい」と感じることがありました。
もしかしたら発達障害なのかもと思うこともあったので、
療育に通うことや病院受診することに抵抗はありませんでした。

 

診断を受けるときは
発達障害だと言われることへの恐怖よりも、
診断名がつかなかったらどうしようという不安のが強かったです。

 

もしも医師に発達障害ではないと言われてしまったら、
育てにくいと思っていたことが単なる息子のわがままで、
わたしのしつけがちゃんとできていないことが原因だと
言われてしまうような気がしていました。

 

なので、自閉症スペクトラムASD)と診断された時は少しほっとしました。

日常生活での困りごとは生まれつきの特性があるから。
わたしの育て方が悪いわけではない。
特性をしっかり理解して、これからどうしていくかを考えていこう、
と前向きに捉えることができました。

(このあたりは少数派の考えだと思うので、参考にならずにすみません…)


診断を受けることはレッテルを貼られることではない

 

療育に通っているママでも、
「病院に行って診断名がついてしまったら、
レッテルを貼られてしまうようで怖くて行けない」
「夫が発達障害だと認めたくなくて、病院受診を拒否される」
と言った声も聞きます。

 

そもそも発達”障害”って言葉のイメージが良くないですもんね…

 

なので、質問者様は勇気をだして病院を受診している時点で、
一歩前進できていることが素晴らしいと思います。
診断されるのは怖いけれど、
息子様のことを一生懸命に考えれているからこそ
病院に受診する決断ができたのだと思います。
ASDの診断を受けてショックに思うのも、
息子様としっかり向き合っているからなのではないでしょうか。

 

息子がASDと診断されたとき、
主治医の先生はこう仰っていました。
”私たちは診断をしてレッテルを貼ることが仕事ではない。
お子さんの特性を理解して
その子がどう環境を整えたら生活しやすくなるかを考えて
お手伝いをすることが目的なんです。”

 

それの言葉に、わたしはとても救われました。


発達障害を幼稚園・保育園にどう伝えるか

 

質問者様の息子さんは集団行動が難しく、
担任の先生から毎日「どう対応したらよいか」回答を求められているとのこと。
また、診断名を伝えたら退園を求められるるのではないかと不安もお持ちだそうです。

 

わたしの周りでは診断名を伝えて退園するように言われた、
という話を聞いたことはありません。
ただし、閉鎖的な園だったり
担任の先生に理解がなかったりすると
そのようなことを言われる可能性もあるかもしれません。
万が一そのような園だったら、
息子さんの特性を理解して受け入れてもらえる園を探した方がいいと思います。

 

でもそれを恐れて診断名を伝えないのも違うと思うので、
しっかりと話す必要はあるとわたしは考えています。
もしも担任の先生だけでは不安があるようなら、
主任や園長先生等の役職のある方にも同席をお願いするのも手です。

 

少し話が逸れてしまいますが、
育成室の担任の先生の対応に疑問を感じ
通う意味があるのかと悩んでいた時期がありました。

 

わたしは直接先生に話すことができなかったので、
江戸川区発達障害相談センターの「なないろ」さんに相談しました。
なないろの担当の方から育成室に連絡を取ってくれて、
今後の指導方法等について話し合ってくださいました。
その後は、担任の先生の対応も変わり
子どもの様子を細かく報告してくれるようになりました。

 

直接園に言いづらいことがあったら、
外部の機関を巻き込むのもありかと思います。


今後小学校に入学したら、
学校や先生、周りの保護者の方との付き合いで
これからもずっと悩みは尽きないと思います。

「子どもが生活しやすい環境」を
親としてどうやって作っていけるかを常に考え、
子どもと一緒に少しづつ前に進んでいきます。


最後までお読みいただきありがとうございました!