自閉症スペクトラム障害の息子との日々を記録したブログです。
就学活動、療育、病院受診、放課後デイサービス探しなどの情報発信をしています!

ASD(自閉症スペクトラム)息子、就学時検診へ行きました

f:id:hugchildren:20191114114226j:plain

 

こんにちは。
ブログにお越しいただきありがとうございます!

 

息子には発達障害があり、
ASD自閉症スペクトラム)と診断されています。


今回は就学時検診に行ったことを記事にします。

 

就学に向けてプレッシャーを感じるASD息子

 

事前の小学校見学と相談に行った翌日、
息子は膝の痛みを訴えました。
その日は日曜日だったので、
家でのんびり過ごしましたが
夜になっても痛みが引きませんでした。

 

翌日はまだ少し痛みがあるようでしたが、
とりあえず保育園に行って様子を見てもらって
それでも違和感が続くようなら
病院に連れていこうと思っていました。
でも、お迎えに行く頃には
元気に飛び跳ねたり走り回ったりしていて一安心。

 

いろいろネットで調べたところ、
成長痛なのかもしれないと行きつきました。
成長痛のほとんどは原因が不明のようです。
(もちろん、実際に骨に異常がある場合もあります。)
心因性を指摘する先生もいらっしゃるので、
もしかしたら小学生になることへの不安やプレッシャーが
体の不調として表れてしまったのかもしれません。

 

最近ストレスを感じたりすると
頭がクラクラする…、お腹が痛い…と
体の不調を訴えることが増えてきたので、
次回の受診時に主治医の先生に相談しようと思っています。


就学時検診の流れ

 

当日は受付開始の10分前くらいに到着。
男女別に列が分かれていて、
すでに40~50人ほどが並んでいました。

 

下駄箱のある出入口から入り、
体育館へ行き受付。(ここも男女別)
子どもが首からぶら下げる番号札と書類一式をもらいます。

校舎へ移動すると
視力、眼科、耳鼻科、歯科、内科の検診があります。
それぞれ一クラスずつに分かれているので、
空いているところを選んで回っていきます。

 

部屋を移動するたびに
どんな検査をするのか、
注射はしないのかと何度も聞く息子。

 

最後の方になってくると列に並ぶのが疲れて座ってしまい、
お尻歩きのような状態になっていました。
そんなことをしているのはうちの子くらいだったので
ちゃんと立って欲しかったけど、
あまりきつく言ってしまうと
パニックを起こしたり
泣き叫んでしまうのが嫌だったので
仕方なくそのままにしていました。

 

検診が一通り済むと、
次は保護者と別れて「学習適応検査」へ。
5年生のお兄さんと一緒に行くと聞いた息子は
「寂しい。お母さんと一緒じゃないと嫌だ」
と泣きそうになりました。
(もちろん事前に伝えていたのですが…)

 

この状況をどうしようと焦っていたわたしをよそに、
「ぼく優しいから大丈夫だよ!」
と素晴らしい声掛けをして
さっと手を引いて連れて行ってくれた少年に感謝!!

 

保護者は控室で待っている間、
新入学児童資料や、アンケート等を記入します。
20分以上は待っていたかと思います。

 

最後は校長先生との面談

 

先生に番号を呼ばれ、
校長先生との面談控室に案内されました。
(特に問題のない子は
学習適応検査が終わったら書類を提出して終了。)
すでに控室では息子が図鑑を見ながら待っていました。

 

校長先生との面談では、
現在抱えている困難さや
入学後に考えられる問題等についてお伝えしました。

 

とても残念だったのが、
ASD自閉症スペクトラム)の診断を受けていることや、
療育に行っていること、WISCの結果など、
事前に養護の先生に伝えていたことが
全く共有されていなかったことです。

 

100名以上の子どもが一斉に来るので
仕方がないかとは思いましたが、
事前に面談が予想される子については
情報共有していて欲しかったです。

 

正直、「校長面談が必要な子ども」
と書面に残すための
形式的なものなのかなという印象を受けました。

 

でも
「障害を受け入れられない親御さんもいるので、
しっかりと診断を受けてお子さんのために
いろいろと動かれているのは素晴らしいこと」
と言っていただけたのは嬉しかったです。

 

ちなみに息子は
10分ほどの面談中ずっと校長室をうろうろしていました。笑
検診から面談まですべて終わるまでに
だいたい2時間くらいかかりました。

------------------------------------------------------------------

(2019/11/26追記)

就学時検診についてですが、
進行の仕方は学校によって様々のようです。

 

近所の学校の話を聞くと、
最初から子どもと別々に分かれて保護者はずっと待機しているケースや、
人数の少ないところは希望の有無に関わらず全員が個別の面談があるケースなどいろいろでした。

 

お子さんの就学時検診が近くなったら、
是非事前にお話を聞きに行かれることをおすすめします!

------------------------------------------------------------------

 

就学時検診は無事に終わりましたが、
これから就学がどんどん近づくにつれて
ますます息子の気持ちが不安定になっていくのではないかと
わたしは心配でなりません…。
できる限りのことをして
息子の不安を解消してあげられたらと思っています。


最後までお読みいただきありがとうございました!