自閉症スペクトラム障害の息子との日々を記録したブログです。
就学活動、療育、病院受診、放課後デイサービス探しなどの情報発信をしています!

ASD(自閉症スペクトラム)息子の就学時検診に向け、事前に小学校へ見学・相談に行きました

f:id:hugchildren:20191106121740j:plain

こんにちは。
ブログにお越しいただきありがとうございます!

 

息子には発達障害があり、
ASD自閉症スペクトラム)と診断されています。

 

もうすぐに迫った就学時検診に向けて、
事前に学校訪問と相談に行ったことを記事にします。

 

ASD息子は小学校に対して強い苦手意識があります


「小学校に行きたくない…」
と息子は最近よく言っています。

 

理由の一つは
歩いていくのが面倒だということ。
とにかく面倒臭がりな息子。
今まで自転車通園だったのに
自分で歩いていかなければならない
というのが苦痛のようです。

 

そしてもう一つが授業が嫌だということです。
息子はじっと座っているのが難しいという自覚があるようで、
「お勉強中にお散歩に行きたくなってしまうかもしれない」
と心配そうに話してくれたことがありました。


年長になってから就学に向けた活動が増えてきているので、
小学校がどんなところか分かるにつれて
少しずつ不安も生まれてきているようです。

 

育成室では小学校の授業体験のような活動も始まりました。
いつものクラスとは別の部屋に行き
プリントや工作をしたり、
休憩時間(休み時間)にはトイレに行ったり
次のお勉強の支度を済ませておくなどなど。

 

すでに小学校に対する苦手意識のある息子は
まず机に座れない。
みんなと並ぶのが嫌だったら
部屋の後ろで一人で座るのはどうかと先生に言われても、
「お勉強したくない」と言い張る息子。
部屋をウロウロしたりマットの上に寝転んでみたり。
授業が始まるとお友達が何をしているのか気になるので、
パーテーションの隙間からのぞいたりはするものの
なかなか座れず…
30分ほどでしたが、
息子は全く活動に参加できませんでした。


苦手意識を払拭させるために、事前の見学・相談へ!

 

小学校に対して、
拒絶反応に近い苦手意識がある息子。

 

ASDの特性でもある、
知らない(想像できない)ことや
新しい環境への不安もあるのかなと思いました。

 

一斉学校公開のときも見に行っているのですが、
何校かまとめて行ってしまったので
自分の行く学校がどこなのか
まだ具体的にイメージできていないかもしれません。

 

就学時検診に行く前に、
息子の様子を学校側に伝えておきたいこともあったので、
改めて学校見学へ行くことにしました。

 

担当の方とお話しする時間をとってもらえないか、
事前に小学校へ連絡しました。
息子の行く学校は拠点校ではないので、
巡回指導の先生は常にいるわけではありません。
特別支援教育コーディネーターという立場で
養護教諭(保健室の先生)が担当をしているそうです。

 

拠点校・巡回指導の詳細はこちらの記事をご覧ください。

通級の制度が変わり、すべての小学校に特別支援教室が設置(東京都) - ハグチルドレン~自閉症スペクトラム障害(ASD)の息子の日々のブログ~

 

事前の小学校見学・相談当日

 

実際の通学路とどれくらい時間がかかるかが分かるように、
当日は歩いて行きました。
(帰り道は「疲れた」「もう歩きたくない」
とずっと文句を言っていたので、
これは逆効果だったかもしれません…)

 

子どもたちの下駄箱がある入口から入り、
受付をしたら保健室に向かいました。
養護の先生は30代前半くらいの女性でした。
学務課からの資料が手元にあったので、
その辺りはちゃんと連携しているのだと分かり安心です。

 

息子の普段の様子や、
小学校に入ってからの心配ごとなどをお伝えしました。
一番不安に思っているのが
じっと座っていられないことと、
パニックになったときに
クールダウンできる部屋があるのかということでした。

 

立ち歩きについては、
教室の後ろなど迷惑が掛からない範囲であれば容認してくださるとのこと。
クールダウンできる部屋が一階にあるので、
もし行きたい場合は手の空いてる先生が付き添って行ってくれるそうです。

 

息子にもじっと座っていられないときは
少しくらいなら歩いても大丈夫なこと、
「わー」ってなりそうになったら
別の部屋に行って気持ちを落ち着けることができることを伝えました。

 

養護の先生との話が終わったら、
いろいろなクラスの様子を見て回りました。
といっても小学校の授業に興味のない息子は
ざっと見ただけでもう帰ろうと言い出しました。

 

せっかくなので学校探検しようと言って、
図書室に行きました。
今は恐竜ブームの彼は
「恐竜の本どこかな~」
と嬉しそうに探し始めます。
図鑑などをいくつか持ってきて机に座り
10分ほどはじっくりと座って本を見ていました。

 

少しでも学校が楽しいところだと思って欲しい。
一つでもいいから自分の居場所が見つけられるといいな。
とわたしは心の中で願っていました。


事前の見学と先生への相談も問題なく終え、
あとは就学時検診当日を待つのみです。
就学時検診の様子はまた後日記事にしますね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!